THE SASEBO PROJECT
九州の西端、軍港と造船の街佐世保をドキュメントする出版プロジェクト。

九州の西端に山々と海に隠されるように存在している街がある。軍港として造船の街として近代日本の歩みとともに発展してきた街、佐世保。斜面に這う家々と路地、闊歩する巨大な生き物のような造船所のクレーン。米海軍施設とアメリカ人、港に並ぶグレーの船たち。妙な殺人事件のニュース、夜の街の女たち。そしてそこに暮らす全ての人々。佐世保には他の街にはない異質な何かがある。このプロジェクトはその「異質さ」がどこに因るものなのか、様々な題材を通して探求していく佐世保出身の写真家・松尾修による出版プロジェクトである。

 
 
 

TIMELINE
 

2014年11月 「坂道とクレーン」(THE SASEBO PROJECT 01 / STUH)

2014年11月 写真展「Hills and Cranes」東京原宿、Raum1F

2015年6月 「誰かのアイドル」(THE SASEBO PROJECT 02 / 日販IPS)

2016年8月 「HEAVY METAL」(THE SASEBO PROJECT 03 / 日販IPS)

2016年8月 写真展「HEAVY METAL」東京原宿、OMOTESANDO ROCKET

2017年12月 「17」(THE SASEBO PROJECT 04 / 日販IPS)

 

Biography

松尾修 I Osamu Matsuo
photographer

1970   長崎県佐世保市生まれ、東京在住。
2008   「他人のアルバム」(サンクチュアリ出版)
2010 「通学路」(プランクトン)
2012 「写真論」(プランクトン)
2014   TSP01「坂道とクレーン」(ストゥ)
2015   TSP02「誰かのアイドル」(日販IPS)
2016      TSP03「HEAVY METAL」(日販IPS)

www.osamumatsuo.com